Mipox 株式会社(5381 JASDAQ)
成長・収益安定化がビルドインした戦略で拡大加速

2016/09/05

ベーシックレポート
ジェイ・フェニックス・リサーチ(株)
宮下 修、CFA

超精密研磨分野でグローバルニッチトップ
1925 年に顔料と色箱の輸入商社として設立された当社は、戦後色箱の製造を開始し、1970 年代には、技術応用により磁気媒体向けの性能向上に不可欠な精密研磨分野に参入した。対応困難なニーズに対応するために研磨材開発のみならず研磨製造装置、研磨プロセスの開発までワンストップに提供していった。その結果、超精密研磨分野で競争優位性を確立し、ハードディスクや半導体ウェハーの最終処理工程で利用される超精密研磨分野で工程によっては世界シェア 1 位の地位を築いた。ただし、特定分野依存となり、技術変化による受注減少とリーマ・ショックにより、2007 年 3 月期に 80 億円あった売上が 2 年で30 億円に低下し、3 年間の赤字合計が 40 億円近くになるなど危機に陥った。

リーマン・ショックの危機を乗り越え経営改革を推進し拡大ステージへ
どん底の 2008 年に 37 歳で創業者一族として社長就任したのが渡邉淳社長である。同社長の強いリーダーシップのもと、(1)一般研磨用途への進出、(2)設備稼働率重視、(3)受託による顧客ニーズの体系的取得、(4)モバイル・クラウドベース顧客管理・営業支援。業務効率化ツール活用、(5)情報共有化による意思決定プロセス迅速化等が進められた。2010 年度に黒字化し、2011 年度以降は4 期連続で増収(年率 8%成長) を果たした。昨年度は営業利益率が 12%となり、過去 80 億円の売上高で達成した 5 億円の営業利益水準を、売上高 42 億円水準で達成した。クラウドベースツールによる改革は特に注目され、渡邉社長は、その成果について多数の講演依頼を受けているほどである。現在さらに攻めの経営ステージへと舵を切り、昨年 12 月には民事再生となった売上高 4 億円規模の競合企業(現 Mipox Kyoto 社)、今年 7 月には中国投資失敗で損失を抱えた、売上高 30 億円規模の日本研紙(株)を買収した。Mipox Kyoto は反射材技術に不可欠なガラスビーズコーティングにおいて高い技術力をもち、日本研紙製品はスマートフォンの筐体研磨やレクサスの内外装の塗膜・メッキ表面研磨・エンジンパーツに利用されるなど一般研磨で高い技術力を持つ。

成長・収益安定化がビルドインした戦略で全方位拡大加速へ
2017 年 3 月期は 70 億円規模まで増収となるが、M&A 費用負担等で営業利益は 6%減収となる。また、第一四半期では高付加価値製品の落ち込み、為替差損等で、最終利益で赤字となった。短期的には利益変動が高い体質と言える。長期的な企業価値については、研磨業界特有の3つの要素、「(1)古い技術と新しい技術が併存する、(2)素材・用途別に最適な研磨技術が異なる、(3)根本的な研磨原理は解明されていない」に根差して、当社が有効な戦略の打ち手に取り組んでいるかという点が重要である。本文 p13 以降で詳細に述べているが、当社の戦略には、3つの要素を競争優位性確立に活用する仕組みが構築されており、成長持続・収益安定化がビルドインされている。拡大した技術・顧客・収益基盤の活用、買収企業の業務改善、シナジーが実現できれば大幅な利益拡大と安定的収益体質構築が期待される。高付加価値化に欠かせない研磨材市場はグローバルに 4,000 億円ほどの規模があり年率 6%で拡大が見込まれる。今後 5 年間で当社が 6%の売上成長率、10%程度の営業利益率(今期計画は 7%程度)を達成する前提で株価を試算した結果、PBR1.3 倍、PER19.8 倍 587 円の水準となった。長期的なポテンシャルから見れば違和感ない水準と考える。

 

>>続きはこちら(4 MB)

TIW/ANALYST NET
ANALYSTNET企業レポート   TIW/ANALYST NET
証券アナリストに限定せずに、コンサルタントや研究者など幅広い執筆者による企業分析・評価によってアナリストレポートへのアプローチと収入基盤の多様化を目指すプロジェクトです。
本レポートは、株式会社ティー・アイ・ダヴリュが「ANALYST NET」の名称で発行するレポートであり、外部の提携会社及びアナリストを主な執筆者として作成されたものです。
  • 「ANALYST NET」のブランド名で発行されるレポートにおいては、対象となる企業について従来とは違ったアプローチによる紹介や解説を目的としております。株式会社ティー・アイ・ダヴリュは原則、レポートに記載された内容に関してレビューならびに承認を行っておりません。
  • 株式会社ティー・アイ・ダヴリュは、本レポートを発行するための企画提案およびインフラストラクチャーの提供に関して、対象企業より直接的または間接的に対価を得ている場合があります。
  • 執筆者となる外部の提携会社及びアナリストは、本レポートを作成する以外にも、対象会社より直接的または間接的に対価を得ている場合があります。また、執筆者となる外部の提携会社及びアナリストは、対象会社の有価証券に対して何らかの取引を行っている可能性あるいは将来行う可能性があります。
  • 本レポートは、投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたものであり、有価証券取引及びその他の取引の勧誘を目的とするものではありません。有価証券およびその他の取引に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本レポートの作成に当たり、執筆者は対象企業への取材等を通じて情報提供を受けておりますが、当レポートに記載された仮説や見解は当該企業によるものではなく、執筆者による分析・評価によるものです。
  • 本レポートは、執筆者が信頼できると判断した情報に基づき記載されたものですが、その正確性、完全性または適時性を保証するものではありません。本レポートに記載された見解や予測は、本レポート発行時における執筆者の判断であり、予告無しに変更されることがあります。
  • 本レポートに記載された情報もしくは分析に、投資家が依拠した結果として被る可能性のある直接的、間接的、付随的もしくは特別な損害に対して、株式会社ティー・アイ・ダヴリュならびに執筆者が何ら責任を負うものではありません。
  • 本レポートの著作権は、原則として株式会社ティー・アイ・ダヴリュに帰属します。本レポートにおいて提供される情報に関して、株式会社ティー・アイ・ダヴリュの承諾を得ずに、当該情報の複製、販売、表示、配布、公表、修正、頒布または営利目的での利用を行うことは法律で禁じられております。
  • 「ANALYST NET」は株式会社ティー・アイ・ダヴリュの登録商標です。

コラム&レポート Pick Up