クロスマーケG<3675> M&A を駆使したネットワーク確立でアジア No.1 のネットリサーチを目指す

2015/03/24

独立系のネットリサーチ大手でアジア展開を加速
M&A を駆使したネットワーク確立でアジア No.1 のネットリサーチを目指す

業種:情報・通信業
アナリスト:馬目 俊一郎

◆ ネットリサーチ大手で M&A を駆使して海外展開を加速
・クロス・マーケティンググループ(以下、同社)は、ネットリサーチを主力事 業にスマートフォン向け Web サイト構築やアプリ開発のほか、Web マーケ ティングなどを行なっている。
・同社は事業ポートフォリオ拡充に向けた M&A や海外展開に積極的で、 長期的にはアジア No.1 のネットリサーチを目指している。

◆ 14 年 12 月期決算は増収ながらコスト増で営業減益
・14/12 期決算は売上高が前期比 29.4%増の 8,141 百万円、営業利益は 同 26.1%減の 536 百万円であった。売上面では国内リサーチ事業が好 調に推移したうえ、IT ソリューション事業もスマートフォン対応で伸長した。 一方、本社移転費用や M&A 関連手数料などの一過性コストに加え、人 員拡充などの先行投資が利益を圧迫した。

◆ 15 年 12 月期の会社計画は 81.0%増収、76.3%営業増益
・15/12 期の会社計画は売上高が前期比 81.0%増の 14,733 百万円、営業 利益は同76.3%増の945百万円である。売上面では堅調に推移している 既存事業の売上高に新規連結の Kadence 社とリサーチ・アンド・ディベロ プメント社の売上高が上乗せされ、利益面は Kadence 社の利益寄与と前 期発生した一過性コストの消滅で大幅増収増益となる見込である。

◆ 証券リサーチセンターは 86.6%営業増益を予想
・証券リサーチセンターは Kadence 社とリサーチ・アンド・ディベロプメント 社の子会社化を受けて従来予想を見直し、15/12 期は売上高 10,500 百 万円→14,850 百万円(前期比 82.4%増)、営業利益 1,200 百万円→ 1,000 百万円(同 86.6%増)に修正した。

 

>>続きはこちら(883 KB)

一般社団法人 証券リサーチセンター
ホリスティック企業レポート   一般社団法人 証券リサーチセンター
資本市場のエンジンである新興市場の企業情報の拡充を目的に、アナリスト・カバーが少なく、適正に評価されていない上場企業に対して、中立的な視点での調査・分析を通じ、作成されたレポートです。

コラム&レポート Pick Up