GMOクラウド(3788 東証マザーズ)

2014/09/19

14 年12 月期上期決算は会社予想を上回る増収増益
ホスティングサービスの苦戦が続くものの、好調な電子認証サービスが業績を牽引

業種:情報・通信業
アナリスト:柴田 郁夫

◆ ホスティングサービスと電子認証サービスの2 本柱
・GMOクラウド(以下、同社)は通販サイトやWeb サービス事業者向け にサーバを貸し出すホスティングサービスと、電子認証サービスをグロ ーバルに展開するセキュリティサービスを2 本柱として、Web 制作やス ピード翻訳サービスなどのソリューションサービスも展開している。
・同社のホスティングサービスの契約件数は、低価格を武器に約13 万件 と国内最大規模を誇る。また、電子認証サービスの国内シェアは1 位、 海外シェアは4 位である。

◆ 14 年12 月期上期決算は増収増益
・14/12 期第2 四半期累計(以下、上期)決算は、売上高が5,228 百万円 (前年同期比4.4%増)、営業利益が568 百万円(同9.1%増)と同社予 想を上回る増収増益となった。
・主力のホスティングサービスが契約件数の減少と単価下落により苦戦 が続く一方、好調を持続する電子認証サービスが海外を中心に大きく 伸長したことが増収増益に寄与した。注力するクラウドサービスは着実 に拡大し、14 年3 月には単月営業黒字化を達成した。

◆ 証券リサーチセンターは14 年12 月期について増収増益を予想
・証券リサーチセンター(以下、当センター)では、14/12 期上期の実績 等を踏まえ、前回レポート(14 年4 月発行)の14/12 期業績予想を増額 修正した。同社予想を上回る売上高10,550 百万円(前期比5.4%増)、 営業利益1,070 百万円(同13.1%増)を見込んでいる。電子認証サービ スの伸びが下期も継続すると判断したことが主因である。

◆ 中期業績見通し
・当センターでは、14/12 期業績予想の増額修正に伴い、中期業績予想 も増額修正した。好調なセキュリティサービスが同社の中期的な成長を 牽引し、16/12 期までの成長率として売上高で年率6.4%、営業利益は 同14.0%と見込んでいる。

>>続きはこちら(1.03MB)

一般社団法人 証券リサーチセンター
ホリスティック企業レポート   一般社団法人 証券リサーチセンター
資本市場のエンジンである新興市場の企業情報の拡充を目的に、アナリスト・カバーが少なく、適正に評価されていない上場企業に対して、中立的な視点での調査・分析を通じ、作成されたレポートです。