ブレインパッド(3655 東証一部)

2014/02/24

ビッグデータ解析で顧客企業のマーケティングを支援
新領域への参入や大手との協業及び提携で成長加速への布石進む

業種:通信業
アナリスト:馬目俊一郎

◆ ビッグデータ解析で顧客のマーケティング戦略をサポート
・ブレインパッド(以下、同社)は、顧客企業から預かった販売データ等を 分析し、分析から導いた施策で顧客のマーケティングを支援するサービ スを提供している。
・ニーズの拡大で顧客数が順調に増大しており、同社は新領域への参入 や大手との協業及び提携で成長加速への布石を進めている。

◆ 14 年6 月期上期は増収効果でコスト増を吸収し16.9%営業増益
・14/6 期第2 四半期累計(以下、上期)決算は、売上高が前年同期比 37.8%増の1,230 百万円、営業利益は同16.9%増の79 百万円であった。 3 事業ともに顧客数の拡大で大幅な増収を成し遂げ、増収効果で子会 社立ち上げ費用や本社移転費用などを吸収した。上期末の取引社数は 前年同期末比36 社増、前期末比22 社増の170 社となった。

◆ ブレインパッドは14 年6 月期予想を非開示
・ビッグデータ解析への需要拡大が見込まれるものの、単年度で見た市場 の成長スピードを予測できないことから、同社は14/6 期予想を公表して いない。
・証券リサーチセンターは、前回レポートの業績予想を継続し、14/6 期は 売上高が前期比23.4%増の25.7 億円、営業利益は同12.9%増の2.1 億円を予想する。

◆ 投資優先で中期的な無配継続を予想
・同社は株主への利益還元を経営上の重要な課題と認識しているものの、 成長に向けた投資優先で無配を継続している。

>>続きはこちら(497KB)

一般社団法人 証券リサーチセンター
ホリスティック企業レポート   一般社団法人 証券リサーチセンター
資本市場のエンジンである新興市場の企業情報の拡充を目的に、アナリスト・カバーが少なく、適正に評価されていない上場企業に対して、中立的な視点での調査・分析を通じ、作成されたレポートです。

コラム&レポート Pick Up