アドウェイズ(2489 東証マザーズ)

2013/12/27

伊藤忠商事系列のアフィリエイト広告大手
メディアとの連携とアジア展開を加速

業種:サービス業
アナリスト:馬目俊一郎

◆ SNS などのメディア連携と海外展開を加速
・アドウェイズ(以下、同社)は伊藤忠商事系列のアフィリエイト広告大手で ある。ソーシャルゲームのプラットフォーム大手やFacebook など世界的 なSNS との連携強化でクライアント数と出稿量の拡大を目指している。
・海外事業はアジアを中心に10 カ国でアフィリエイト広告等を展開し、長 期的にはアジア地域でのスマートフォン広告で№1 の座を目指している。

◆14 年3 月期上期決算は48.5%増収、営業利益は2.2 倍
・14/3 期第2 四半期累計(以下、上期)決算は、売上高が前年同期比 48.5%増の144.9 億円、営業利益は同2.2 倍の3.0 億円であった。上期 は広告事業の増収効果により、人件費や本社オフィス費用等のコスト増 を吸収し、大幅増益となった。

◆同社は14/3 期予想を増額修正
・同社は広告事業の拡大見通しから14/3 期予想を修正し、売上高285.0 億円→295.0 億円(前期比30.3%増)、営業利益4.5 億円→6.0 億円(同 45.1%増)に増額した。
・上期の状況を受け、証券リサーチセンター(以下、当センター)は前回レ ポートの14/3 期予想を見直し、売上高278.0 億円→306.0 億円(前期比 35.2%増)、営業利益9.5 億円→7.0 億円(同69.5%増)に修正した。

◆今期予想基準PER は割安感に乏しい水準
・同業他社比較から、同社の今期予想基準PER はEPS 成長率を考慮し ても割安感に乏しい水準と考えられる。

>>続きはこちら(493KB)


一般社団法人 証券リサーチセンター
ホリスティック企業レポート   一般社団法人 証券リサーチセンター
資本市場のエンジンである新興市場の企業情報の拡充を目的に、アナリスト・カバーが少なく、適正に評価されていない上場企業に対して、中立的な視点での調査・分析を通じ、作成されたレポートです。

コラム&レポート Pick Up