アムンディ マーケット・レポート
rss

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
2018/05/17

政策金利は6.5%で据え置きでした。インフレ率低下も、外部要因による通貨下落が意識されました。 中銀は、政策金利の現水準での据え置きを適当としていますが、リスク状況も注視するとして … [ 記事全文 ]

2018/05/16

実質GDP成長率は前期比年率-0.6%でした。外需が下支えた一方、内需は全般的に不冴えでした。 在庫投資減少は先行き景気を下支えし、省力化中心に設備投資も堅調で、減速は一時的と考え … [ 記事全文 ]

2018/05/11

政策金利は0.5%で据え置かれました。インフレ率、景気に対する見方は大きく変わっていません。 賃金伸び率上昇によるインフレ圧力の高まりには警戒を示しており、夏場にも利上げの公算大で … [ 記事全文 ]

2018/05/08

実質GDP成長率は前年同期比+5.1%でした。やや減速ながら、内需主導で景気は依然好調です。 安定成長の下で投資活動が活発化し、当面は+5%台の成長ペースが維持されると予想されてい … [ 記事全文 ]

2018/05/08

PMI、NMI共に前月比-2.0ポイントでした。企業の景況感は高水準を上下し、活動自体は活発です。 鉱工業生産が引き続き活発なほか、新規受注が底堅く、在庫環境も製造業は良好です。  … [ 記事全文 ]

2018/05/08

4月NFPは前月比+16.4万人、2月の反動が残るも、ならすと月20万人程度の雇用増加ペースです。 失業率が3.9%と約17年ぶりの4%割れ。労働市場への人材流入が着実に雇用につな … [ 記事全文 ]

2018/05/07

実質GDPは前期比年率+1.7%でした。内・外需共にプラス寄与が縮小、在庫増加が推察されます。 予想以上に好調であった17年に対する反動も含め、景気は踊り場を形成していると見られま … [ 記事全文 ]

2018/05/07

4月HICPは前年同月比+1.2%、コアは同+0.7%と鈍化しました。目標を下回る低位が続きます。 一方、3月失業率は8.5%と前月比横ばいも、雇用情勢は依然良好でインフレ期待は変 … [ 記事全文 ]

2018/05/07

政策金利は1.5~1.75%で据え置き、政策スタンスは中立で、緩やかな利上げ継続が確認されました。 インフレ率が+2%近傍に達し、中期的な目標近辺での推移に、当局は自信を深めていま … [ 記事全文 ]

2018/05/02

政策金利は1.5%で据え置きでした。低インフレが続いていることを受け、低金利維持が続きます。 景気は緩やかな拡大ながら、個人消費には先行き不安が残り、インフレ加速の公算は小さい情勢 … [ 記事全文 ]

2018/05/02

実質GDPは前期比+1.1%でした。インフレ抑制が奏功し、内・外需バランスした景気回復が鮮明です。 政治リスクを考慮し、金融政策は中立スタンスで現行金利が当面維持され、インフレは安 … [ 記事全文 ]

2018/05/01

実質GDPは前期比年率+0.4%と大幅減速でした。建設業の不振、サービス業の減速が影響しました。 オフィス、住宅需要が、EU離脱後の景気減速に対する懸念から落ち込んでいることが目立 … [ 記事全文 ]

2018/05/01

実質GDPは前期比年率+2.3%でした。17年半ば以降は減速傾向ですが、底堅さは変わりません。 減税、インフラ投資等による寄与もあり、潜在的な成長力を上回る景気拡大が続くと見込んで … [ 記事全文 ]

2018/04/27

政策金利、資産購入プログラムなど、一連の金融政策手段は据え置かれました。 ECBは足元の経済指標の弱さは一時的としており、中期的な物価目標達成へ自信を深めています。 夏場には金融政 … [ 記事全文 ]

2018/04/26

トルコ中央銀行は、政策金利の上限金利であるLLW金利を0.75%引き上げ、13.5%としました。 大統領の緩和要請に反し、高止まりするインフレ率の引き下げを優先し、利上げに踏み切っ … [ 記事全文 ]

2018/04/25

4月のIFO指数は前月比-1.2ポイントの102.1。算出方法の変更もあり、5ヵ月連続で低下しました。 2~3月の経済指標が軒並み弱い内容で、16年初め以降の強い景気は踊り場を迎え … [ 記事全文 ]

2018/04/20

政策金利は4.25%で据え置きでした。外部のリスク増大に対し、現行水準の維持が適切とされました。 通貨ルピアは、ルピア買い介入で下支えられており、当面は神経質な展開を余儀なくされる … [ 記事全文 ]

2018/04/17

実質GDP成長率は前年同期比+6.8%でした。+6%台は11期連続。安定した成長が続いています。 中央の成長目標は+6.5%で、質を伴った成長を目指しており、緩やかな減速方向と予想 … [ 記事全文 ]

2018/04/16

政策金利は7.5%で据え置きでした。インフレ率鈍化で追加利上げの可能性は低くなったと見ています。 NAFTA再交渉、7月総選挙などの政治リスクが残る中、金融政策は当面様子見と想定し … [ 記事全文 ]

2018/04/09

3月NFPは前月比+10.3万人、強かった2月の反動で減速です。失業率は6ヵ月連続の4.1%でした。 若年層失業率が大幅低下、潜在的求職者数の減少など、さらに完全雇用に近づいている … [ 記事全文 ]

1 2 3 4 5 31
会社名:アムンディ・ジャパン株式会社
(Amundi Japan Ltd.)
執筆者:市場経済調査部
アムンディ・ジャパン株式会社
【ご挨拶/プロフィール】
アムンディ・ジャパンは、欧州最大級の資産運用会社アムンディ・グループの一員です。日本でも40年以上にわたり幅広い商品をお客様のニーズに合わせて提供しております。

コラム&レポート Pick Up